人前で食事が恥ずかしい…人前で食べるのが苦手な心理と対処法

スポンサーリンク
AD

食事を人に見られるのが恥ずかしい

 

食べているところを見られたくない、

他人と食事するのが苦手…。

 

親しい人ならともかく、誰しも

初めての人との会食は緊張するものです。

食事での常識やテーブルマナーに

自信が無いこともありますよね。

 

しかし、人前で食事すること自体に

困難を抱えている人もいます。

 

過去に食事で恥ずかしい思いをした経験がある、

食べ方をどう思われるのか気になって仕方がないなど、

人前での食事の苦手意識を

なんとか克服したいと思いませんか?

 

ここでは、人前で食べるのが苦手な心理と

対処法を紹介します。

 

人前での食事で激しく緊張する、動揺するなど

極端な症状が出る場合の深層心理レベルでの克服

についても解説します。

 

あがり症改善プログラム

 

スポンサーリンク

食べてるところを見られたくない心理。人前で食事が苦手・緊張する・恥ずかしい

食べてるところを見られたくない心理

食べてるところを見られたくない心理には、

様々な原因があります。

 

人に見られていると緊張してしまう、

他人の視線が気になってしまう、

食べ方に自信がなくて恥ずかしいなど、

 

とにかく自分が食べている状況を

人に見られたくない気持ちです。

 

そのほかにも、他人と食べたくない心理もあります。

 

食べたら気持ち悪くなりそう…

という漠然とした不安もあれば、

 

給食を残さずに食べないといけなかった、

嫌いな食べ物を強制的に食べさせられたなどの

子供時代の辛い思い出から、

 

食事自体がプレッシャーになったり

食べ残しは絶対に駄目と思ってしまう

強迫観念にさいなまれることもあります。

 

多くの人にとっては、なんでもない食事の時間でも

人によっては人前で食べるのは恥ずかしかったり、

辛かったり、苦手なことになるのです。

 

こういった症状を、会食恐怖症と言います。

 

そんな大げさな病名まであるの?

と思われるかもしれませんが、

会食恐怖症の人にとっては、

人前で食べられないことは大きな悩みです。

 

人とのコミュニケーションの1つとして

ランチや会食、飲み会は開催されます。

 

はじめまして同士の顔合わせや合コン、

就職して職場の人と仲良くなるために会食したり、

学校の友達やママ友と一緒にランチを食べたりします・

 

ちょっとした打ち合わせでも

カフェでお茶を飲んだりすると、

お互いの距離が縮まるものです。

 

しかし、食べるのを見られたくない人にとっては、

他人と一緒に食べること自体がとても苦手なのです。

 

あがり症改善プログラム

 

 

食事を見られるのが苦手・恥ずかしいのを改善するには?

食事を人に見られるのが恥ずかしい

他人が気になるからといって、会食や飲み会に参加しないのは、

せっかくの仲良くなれるチャンスを逃してしまい、

もったいないことですよね。

 

ここでは、人に食事を見られるのが恥ずかしい気持ちを

改善する方法について説明します。

 

会食恐怖症を改善する方法は、

食べているところを見られたくない理由によって異なります。

 

例えば、食事を残してしまうかもしれないから、

見られたくない人の場合は、

食べ物を残しても問題ないことを練習していきましょう。

 

はじめは、家族や親しい人と食事をしながら、

無理して食べない、食事を残すことに慣れていきます。

少しずつ、食事を残しても問題ないことを経験し、

他の人との食事もチャレンジしてみましょう。

 

食べたら気持ち悪くなるかもしれないと考えてしまう人も、

少しずつチャレンジしていくことが大切です。

 

食べて気持ち悪くなってきたら、即座に中断して、

「気持ち悪くなったけれど、会食に参加できてよかった」と

前向きにとらえるようにしていきましょう。

 

食べ方やマナーに自信が無い人は、

自分なりに勉強してみましょう。

 

もちろん、正しい食べ方やマナーを

身につけることはよいことですが、

完璧なマナーになっていなくても大丈夫です。

 

「食べ方が変でごめんね、マナーがよくわからなくて」など、

本音を言いやすい相手と、会食の練習を重ねられるとよいですね。

 

前向きな考え方で、食事を楽しめるようになれたら、

会食恐怖症を改善できたといえるでしょう。

 

人前で食事が恥ずかしい…深層心理レベルで克服するには?

人前での食事が恥ずかしい 克服

これらの方法を試しても改善されない時は、

子供時代に他人との食事でつらい思いをしてきたなど

過去に深いトラウマを持っているケースが考えられます。

 

人前での食事で激しく緊張する、動揺するなど

極端な症状が出る場合は、

潜在意識下に強固なメンタルブロックが

刷り込みされた状態です。

 

たとえば、あなたは普段

このようなことを感じたりしませんか?

やめたい、変わりたいと思っていることがあるのに、自分の感情や思考をコントロールできない。
ネガティブ思考や感情を変えようとしても上手く行かず、自分でどうにかしようと必死になるほど、強いストレスやイライラを感じる。
何回失敗しても、なぜか、同じような行動を繰り返してしまう…

 

このようなことに思い当たる方もいることでしょう。

顕在意識 潜在意識

じつは、私たちの思考、感情、行動は、

9割以上が潜在意識の支配下にあると言われています。

 

しかし、潜在意識のパワーは非常に深く強固なため、

自分の意志や努力、決意や行動で

コントールすることは不可能です。

 

潜在意識を『理想の状態』に書き換える方法については、

詳しくはこちらを参考にしてください。

5分~60分程度で「あがり症」を改善!?人前での極度の緊張を【根本的に改善する方法】

 

まとめ

 

人前で食べるのが苦手なことを、

会食恐怖症といいます。

人前で食べられない心理はそれぞれなので、

その心理に合った方法で克服していきましょう。

克服するコツは、徐々に慣れていくことです。

焦らずに前向きな気持ちでチャレンジしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました