感情が表に出やすい。改善ではなく『感情の導き』に身を委ねる

スポンサーリンク
AD

感情が表に出やすいと感じることは、私たちの日常生活でよくある経験です。

「感情が豊か、豊かな感受性、人間味がある」など、感情が表に出ることを好意的に捉える人も多いです。

感情が表に出ること自体は、必ずしも問題ではありません。

 

しかし、感情が表に出やすいと悩んでいる人の多くは、イライラや不満、怒りなどの負の感情に苛まれていたり、

負の感情をコントロールできないことで人間関係やコミュニケーションにおいて深刻な問題を起こしがちなことに苦しんでいたりすることでしょう。

 

感情なんて無ければよかったのに…そんなふうに感じている人もいるかもしれませんね。

 

なぜ人には感情があるのでしょう。

感情の役割とはなんでしょう。

どうしたら感情に振り回されずに済むのでしょう。

 

感情は私たちの内なる声であり、時に私たちに重要なメッセージを伝えてくれる大切な存在です。

 

この記事では、感情を改善するのではなく、感情の導きに身を委ねる方法について探求します。

 

スポンサーリンク

どうしたら感情に振り回されずに済む?感情コントロールの方法

感情に振り回されずに済むためには、感情のコントロールと認識が重要です。

以下に、感情に対処するための基本的な方法を紹介します。

 

いま感じている感情を認識する

感情に振り回されないためには、ますます感情に自分を委ねるのではなく、感情を認識する練習をすることが大切です。

「いま自分は怒っている」「さっきからイライラしているな」

感情が湧き上がってきたら、その感情が何であるかを認識するようにします。

 

感情・身体・思考を観察する

感情を観察していると、どういったときにどんな感情が出てくるか、客観的に見ることができるようになります。

たとえば、「こっちは急いで支度をしているのにソファでダラダラしている相手の姿を見ると頭にカーっと血が上ってイライラする」

「子供や夫のためを思って栄養バランスを考え料理を作っているのに『今日いらない』と言われると、やりきれなくて心がぽっかり穴が空いたような悲しい気持ちになる」などです。

感情が高まったときに、どのような身体的な反応があるか、どのような思考が頭を巡るかを観察しましょう。

 

感情の原因を理解し、自分で自分に寄り添う(クリアリング)

感情が湧き上がる原因を理解することは、感情をコントロールするのに役立ちます。

感情の背後には時に深層的な問題や過去の経験が関連していることがあります。感情のルーツを追求しましょう。

たとえば、大したことをされたわけでもないのに逆上したりブチ切れてしまいがちな人の場合。

その怒りの背後には、過去のトラウマや不正義な出来事が関連していることがあります。

たとえば、子供の頃に虐待を受けた経験や親が喧嘩ばかりしているのに怯えていたなどの体験が、現在の怒りの感情を刺激している可能性があります。

怒りは、過去の経験に対する感情的な反応として浮かび上がっていることがあるのです。

この場合、感情をコントロールするためには、怒りの感情に対処するだけでなく、そのルーツを追求し、自分で自分の感情を認めてあげること(クリアリング)が必要です。

必要であれば専門家のサポートを受けることも重要です。過去のトラウマを処理し、感情のルーツを理解することで、怒りをコントロールしやすくなります。

 

深呼吸と瞑想

感情が高ぶったとき、深呼吸や瞑想を試してみてください。

これらのテクニックは感情を静め、冷静に考える時間を提供します。

 

感情の表現

感情を適切に表現することも大切です。

感情を押し殺すのではなく、適切な方法で表現することで、感情を解放し、ストレスを軽減することができます。

感情を共有することは、信頼関係を築くのにも役立ちます。

 

ストレス管理

ストレスは感情を高ぶらせる要因の一つです。

ストレスを適切に管理し、リラックスの時間を持つことで、感情をコントロールしやすくなります。

 

ポジティブな習慣の養成

ポジティブな習慣を養成することで、感情の安定性を向上させることができます。

毎日感謝の瞑想を行ったり、ストレス解消の方法を継続的に行うことで、心が安定し、感情を整えられるようになります。

 

以上のように、感情に振り回されずに済むようになるには、感情を認識し、適切に対処するスキルを磨くことが不可欠です。

これらの方法を実践することで、感情をより健康的にコントロールし、冷静でバランスの取れた生活を送ることができます。

 

感情が表に出やすい。改善ではなく『感情の導き』で人生を変える方法

感情は私たちの内なる世界における強力な力です。

エイブラハム・ヒックス夫妻の著書「引き寄せの法則」では、感情が現実に影響を与えるという考え方が解説されています。

 

感情がポジティブであれば「幸福な状態」を引き寄せ、ネガティブであれば「不幸や不運」を引き寄せる。

つまり、『自分の感情が現実を作っている』というのです。

この記事では、感情を受け入れ「導き」として活用し、人生を変える方法について探求します。

 


感情を受け入れることの重要性

感情を感じることは、人間らしさの一部であり、否定すべきではありません。

喜び、悲しみ、恐れ、怒り、これらの感情は私たちが人生を体験し、学び成長する過程で必要です。

感情を受け入れることは、自己受容の第一歩です。

 

感情のガイドとしての役割

感情は私たちに何かを伝えようとしています。

ネガティブな感情は、何かが調整が必要であることを示唆しています。ポジティブな感情は、私たちが正しい方向に進んでいることを示しています。

感情を感じ、それを受け入れることで、自分自身の内なる導き手として活用できます。

 

エイブラハムの引き寄せの法則

エイブラハム・ヒックス夫妻が提唱した引き寄せの法則によれば、「自分の感情のエネルギーが、同じようなエネルギーを持つ現実を創り出す」とされています。

つまり、ポジティブな感情を持っていると、それに共鳴する前向きな状況や人々を引き寄せる可能性が高くなります。

逆に、ネガティブな感情は同じようなネガティブな体験を引き寄せるのです。

 

【感情をポジティブに変えるための実践的な方法】

感情を導きとして活用し、人生を前向きに変えるためには、以下のステップを試してみましょう。

 

感情を認識する

感情が湧き上がったら、その感情を認識しましょう。何を感じているのか、どのように体験しているのかを自覚します。

 

感情のルーツを追求する

その感情の背後にある原因やルーツを探ります。なぜその感情が湧き上がったのかを理解することが大切です。

 

感情を受け入れる

感情を受け入れ、否定しないように心がけます。「教えてくれてありがとう」と自分の心に感謝するのも良いでしょう。

 

ポジティブな思考・感情を育む

感情を変えるために、意図的にポジティブな思・感情を育てる練習をしましょう。

たとえば、小さなことでも感謝をする、悪い出来事の中にもポジティブな面を見つけるなど、前向きな思考パターンを心がけることで、明るく前向きな「いい気分」でいられるようになります。

 

引き寄せの法則を活用する

「明るく前向きないい気分」でいることを心がけていると、現実そのものが「ポジティブ」な方向に変わってきます。

たとえば、明るくて楽しい人たちと出会い付き合うようになり、金銭的な問題が解決し、充実した仕事や趣味が見つかるなど、人生が向上している感覚を覚えるようになることでしょう。

感情を受け入れ「導き」として活用していると、ポジティブな思考・感情が育ち、現実までもがポジティブに引き寄せられていきます。

つまり、ポジティブな思考・感情こそが「人生を変える力」の源なのです。

引き寄せの法則を理解し、感情を変えるための実践的な方法を取り入れることは、より豊かで幸せな人生を築く手助けとなります。

 

なぜ人には感情があるのか。感情の大切な役割

最後に、そもそもなぜ人間に感情があるのか?についても確認しておきましょう。

感情は、人類の進化の過程で「生き残りや子孫繁栄」など生存に寄与してきました。

なぜ人に感情があるのか、以下にその主な役割をいくつか説明します。

 

生存戦略の一部

感情は、生存に不可欠な情報を提供します。

例えば、恐れや不安は危険から身を守るための反応を生じさせ、喜びや愛情は社会的つながりを築くのに役立ちます。

感情は適切な行動や反応を促すことで、生存と繁殖に貢献します。

 

コミュニケーションの手段

感情はコミュニケーションの一部として機能します。

感情を表現することで、他人と情報を共有し、相互理解を深めることができます。

例えば、笑顔は喜びや友好を示し、怒りの表情は注意が必要であることを伝えます。

 

意思決定の支援

感情は意思決定に影響を与えます。

感情が私たちに好意的な行動を奨励したり、逆に悪意的な行動を抑制したりすることがあります。

感情は、状況に応じて適切な選択をするのに役立ちます。

 

社会的結束の促進

感情は社会的な結束を形成し、維持するのに重要です。

共感や共感情を共有することで、個人と社会の絆が強化され、協力や共同作業が可能になります。

 

自己認識と成長の促進

感情は自己認識の道具として機能し、自分自身を理解し成長するのに役立ちます。

感情を感じ、それらを分析し、対処することで、自己理解が深まり、個人的な成長が促進されます。

 

以上をまとめると、感情は私たちの生活において重要な役割を果たす生物学的な反応です。

生存、コミュニケーション、意思決定、社会的つながり、自己成長などさまざまな側面に影響を与えるという大切な役割があります。

感情は私たちが人間として機能し、成長し、社会と調和するために必要不可欠な要素なのです。

 

まとめ

人間の心は、感情の海に浮かぶ小さなボートのようなもの。その感情が時折、波立ち、態度に影響を与えてしまうことは誰にだってあります。

しかし、その波を穏やかにすることで、人生の帆を風に乗せ、幸せへと進む航海が始まるのです。

この記事では、感情が表に出やすいと感じる人々に向けて、感情をコントロールするのではなく、感情の導きとして活用する方法について探究しました。

感情は私たちの内なる世界における重要な要素であり、ポジティブな感情を育てることで、人生をより豊かにすることができます。

感情は私たちの内なる導き手であり、その導きに耳を傾けることで、より深い自己理解と幸福を見つけることができるのです。感情を歓迎し、導かれるままに心の旅を進めましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました