態度に出てしまうのを直したい。潜在意識と感情は『幸せな人生』の導き役

スポンサーリンク
AD

人間の感情は、私たちの内なる世界を反映し、日常の態度や行動に影響を与えます。

感情がコントロールを失い、態度に出てしまうことは誰にでもあることですが、これを改善することは「幸せな人生」への重要な一歩です。

感情は、私たちが経験する出来事や状況に対する「潜在意識の表れ」です。

喜び、怒り、悲しみ、驚きなど、さまざまな感情が私たちの心に湧き上がりますが、これらの感情は決して否定すべきものではありません。むしろ、感情は私たちの内なる声であり、人生の導き役となるものです。

潜在意識は私たちの意識には届かない深い領域にあり、私たちの行動や経験に大きな影響を与えています。感情は潜在意識と密接に関連しており、感情を先取りし、潜在意識の力を活用することで、未来を創造し、人生を変えることができるのです。

今回は、職場や家族に対するイライラを例に、感情の役割とそのコントロール方法を解説します。

そして、潜在意識の力と感情の先取りに焦点を当て、より充実した人生を築くための具体的な方法を探求していきます。

スポンサーリンク

不機嫌を表に出すのを治したい、家族や職場にイライラが抑えられない

不機嫌やイライラは、私たちの生活に付き物の感情です。しかし、それが常に表に出てしまうと家庭や職場での人間関係に深刻な悪影響を及ぼすことがあります。

不機嫌な気持ちをコントロールし、ポジティブで健康的なコミュニケーションを築く方法は存在します。ここでは、不機嫌を表に出さないための実用的なアドバイスをお伝えします。

不機嫌な感情を認識する(自己認識の向上)

不機嫌になる原因やパターンを理解することは、その対処法を見つける第一歩です。

イライラが湧き上がってきたときに「いま自分はイライラしているな」と気づくことが大切です。

なぜそう感じるのかを考え、感情の源を探りましょう。自己認識を高めることで、感情をコントロールする能力が向上します。

感情が知らせる「願望」に意識を向ける

仕事にしろ家族にしろ、不快な気持ちになる時に共通しているのは「自分が望まない何かを見ているから」に他なりません。

「この状況で自分が望むことは何か?」と自問することで、ネガティブな感情が収まります。

たとえば、家族が散らかした部屋を見てイライラを感じるときは、「物の位置が定まっていて、美しく整った部屋がほしい」「家族が協力的で、自分で掃除して整理整頓をしてくれたらいいな」のように考えることができます。

職場で誰よりも貢献しているにも関わらず有給を認めてもらえなかったり、他の無能な同僚が先に昇進した、急ぎで準備したのに上司や社長の決断が遅くて機を逃したなど、あまりの理不尽さに怒りを感じるときは

「自分の頑張りを認めてもらいたい」「正しく評価されて待遇を上げてもらいたい」「スピード感の合う人と働いて向上したい」という願望が自分の中にあるのだとわかります。

仕事のスピード感が合わない!仕事の速い人が活躍できる場14選
職場や仕事のスピード感が合わなくてイライラすることありますよね。 同僚の仕事が遅い、上司の決断が遅い、取引先のレスポンスが遅い。 納期やスケジュールに間に合わせるために急いで仕上げた仕事が、確認待ちや返信待ちでほったらかされるときの、なんと...

ネガティブな感情が湧き上がるのは、そこに願望があるからに他ならない、ということを知っていることは感情をコントロールする大きな助けになります。

不機嫌な気分が押し寄せてきたら、「私は今望まないことを考えている。だから不快な気持ちになるんだ。私は何を望んでいるのだろう。」と心のなかで唱えてみましょう。

自問をすることで冷静になり、自然と態度も落ち着きます。

ストレス管理の習慣

イライラの原因の一つはストレスです。ストレスを適切に管理することで、感情のコントロールがしやすくなります。日常生活にリラックス法やストレス解消の習慣を取り入れ、感情の爆発を防ぎましょう。

コミュニケーションスキルの向上

不機嫌な気分が続くと、コミュニケーションに支障をきたすことがあります。コミュニケーションスキルを向上させることで、感情を適切に伝え、誤解を解消しやすくなります。積極的なリスニング、共感力を養いましょう。

ストレス発散の方法の探求

不機嫌な気分を軽減するために、ストレス発散の方法を探しましょう。

運動、趣味、瞑想、自然の中でリフレッシュするなど、自分に合った方法を見つけ、気分転換を図りましょう。

以上のように、不機嫌な気分をコントロールし、家族や職場での関係を健康的に維持することは可能です。自己認識、願望を意識する、ストレス管理、コミュニケーションスキルの向上、ストレス発散の方法の活用など、これらの方法を取り入れて、より穏やかで幸福な日常を築く手助けとなるでしょう。

不機嫌を表に出さないことは、より豊かな人間関係と幸せな生活への第一歩です。

潜在意識の力:感情を先取りして、未来を想像・創造し、人生を変える方法

私たちの潜在意識は、私たちが意識的に感じることの前に、感情や信念、行動のパターンを形成します。

スピリチュアル的な言い方をすると、感情は未来を創造するエンジンです。感情を先取りし意図的に活用することで人生を変えることができます。

以下では、感情を先取りして潜在意識の力を最大限に引き出すための手法を探ります。

感情を先取りする(※どうやったら叶うか?と考えるのはNG)

未来を変えるためには、まず「感情を先取りする」ことが必要です。

自分がどのような状況や環境でどのような感情を感じたいか、を具体的にイメージしましょう。

感情を先取りするポイントは、なぜ叶えたいのか(WHY)何を叶えたいのか(WHAT)に集中することです。

どうやったら叶うか(HOW)について考えると、途端に気持ちが萎えたり気持ちが落ち込んだりします。

この気分の悪さは、感情の先取りができていない証拠でもあります。

この願望が実現したとき、どのように感じるか、どのように振る舞うかを思い描くときに、どんな気持ちがするか感じてみましょう。

頭の中でイメージしている最中に、気持ちが明るく晴れやかになったなら、潜在意識に明確な目標を設定できています。その明るく前向きな感覚を覚えて維持しましょう。

感情の先取りについて詳しく知りたい人は、エイブラハムの引き寄せの法則を読むと良いです。

 

感情を育てるための日常的な実践

感情を先取りするだけでなく、それを育てる日常的な実践が重要です。

ポジティブな感情を増やすために、感謝の習慣を作る、瞑想で心を落ち着ける、ポジティブなアファーメーションの導入などを検討しましょう。

自然の中を散歩する、ペットと触れ合う、お気に入りのアーティストの歌を聴くことで、気分を上げることができるならそれも良いですね。

明るく前向きな気分になるために、必ずしも「行動」は必要ありません。

しかし、自分の心を楽にほっと明るくする行動が簡単にできることなら、積極的に行うと良いでしょう。望む感情を強化し、潜在意識に深く刻み込むことができます。

ビジョンボードの作成

ビジョンボードは、感情を先取りし、未来のビジョンを視覚化する素晴らしいツールです。

自分が望む未来のイメージを写真、言葉、イラストなどで表現し、それを見ることで感情が刺激されます。これは潜在意識へのメッセージとして働きます。

マインドフルネスと瞑想

マインドフルネスと瞑想は、感情を制御し、潜在意識の力を活用するのに役立つ実践です。日々のストレスや不安を軽減し、感情を安定させ、ポジティブな未来を引き寄せる手助けとなります。

自己啓発と学習

自己啓発書やセミナー、コースを通じて、潜在意識と感情の力について学ぶことも役立ちます。知識を増やすことで、感情を先取りし、未来をより効果的に創造できるでしょう。

 

まとめ

感情を先取りし、潜在意識の力を活用することで、未来を創造し、人生を変えることが可能です。

感情を具体的に想像し、日常的な実践を通じてそれを育て、ビジョンボードや瞑想などのツールを活用して、望む未来を引き寄せることを試してみましょう。

あなたの潜在意識は、望む未来を実現する力に満ちています。

 

タイトルとURLをコピーしました