AD
サブリミナル音源-1日30分で潜在意識を変える方法

緊張すると声が低くなる・詰まる原因【人前での緊張を改善する方法】

スポンサーリンク

緊張すると声が低くなる

 

緊張すると声が低くなる・声が詰まるのはなぜでしょう。

普通は緊張すると「声が上ずったり、声が高くなる」ことが多いですよね。

 

なぜ緊張すると声が変わるのでしょう。

人前での緊張を改善するにはどうしたらいいでしょう。

 

今回は、緊張で声が低くなる・声が詰まる原因と心理、

人前での【極度の緊張を改善】する方法をご紹介します。

 

たった3~5分で『緊張や不安そのものを消し去る』方法

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

緊張すると声が変わる原因と心理。声が低くなる・声が詰まる

緊張で声が変わることに悩む人にとって、人前に出ることは大きなプレッシャーです。

仕事のプレゼンテーションや公の場でのスピーチ、面接、デートや合コンなど、自分の声は変ではないか、他人にどう思われているか不安に感じます。

 

緊張の度合いが増すと、呼吸のタイミングがわからなくなって、声の詰まりや声の震えが起きることもあります。

ますます緊張してしどろもどろになったり、頭が真っ白になってパニックになったなど、

緊張で失敗した場面や恥ずかしい思いをした過去をトラウマのように引きずっている人もいることでしょう。

 

緊張すると声が低くなる・声が詰まる現象は、身体的な反応や心理的な要因によるものです。

 

緊張すると声が低くなる・声が詰まる原因

緊張すると声が低くなる・声が詰まる原因を以下まとめます。

 

ストレスホルモンの影響

緊張すると、交感神経が活性化され、ストレスホルモンであるアドレナリンが分泌されます。

これにより、喉の筋肉が緊張し、声帯が締まる傾向があります。これによって声が低く、震えたりすることがあります。

呼吸パターンの変化

緊張すると、呼吸が浅くなり、急速になることがあります。これにより、声の出し方に制約が生まれ、声が低く聞こえることがあります。

深呼吸やリラックスした呼吸を意識的に行うことで、声のトーンを正常に保つのに役立つことがあります。

緊張の心理的影響

緊張すると、自信喪失や緊張からくる不安が声に影響を与えることがあります。

自分が声を出すことに対して不安を感じると、声が低くなることがより顕著になります。

 

緊張は防御反応。敵に気づかれないように声を低くする?

緊張は外敵に対する防衛反応に由来するため「外敵に気づかれないように声を低くしている」という説もありますがこれは本当でしょうか。

緊張は一般的に、外敵に対する防衛反応と関連付けられることがありますが、声が低くなる現象がその具体的な防衛反応として説明されることは少ないです。

緊張の心理的なメカニズムは、個人や状況によって異なり、声の高さや質に影響を与える理由も多岐にわたります。

 

緊張すると声が低くなる・声が詰まる心理

緊張すると声が低くなる・声が詰まる心理にも、さまざまな要因が影響しています。

 

自己意識と不安感

緊張すると、自己意識が高まり、不安感が増すことが一般的です。この不安感は、他人が自分の声をどう受け止めるかに対する不安に関連しています。

声が低くなることは、自己評価や他人の評価に対する不安からくるもので、これが声の制御を難しくし、声が低く聞こえる要因となります。

 

過去のトラウマやネガティブな経験

過去に声を高く出すことに対するネガティブな経験やトラウマがある場合、それが緊張時の声の低さにつながることがあります。

過去の失敗や恥ずかしい経験が、声のトーンに関する自信を揺るがすことがあります。

 

非言語コミュニケーション

音声だけでなく、非言語コミュニケーションも重要です。緊張すると、姿勢や表情、ジェスチャーが制限されることがあり、これが声の高さや質に影響を与えることがあります。

 

集中力の欠如

緊張が高まると、集中力が低下することがあります。声の制御は集中力を必要としますが、緊張がそれを妨げることがあり、声の詰まりや声が低くなる原因となります。

 

以上が、緊張による声の詰まり・声が低くなる心理です。

緊張に対処するためには、自己意識を軽減し、リラクゼーション技術を身につけることが役立ちます。

 

また、適切なトレーニングや経験を通じて自信を築くことも大切です。

心理的なアプローチと身体的なアプローチを組み合わせることで、声の詰まりや声が低くなる緊張を解消することができます。

 

あがり症改善プログラム

 

人前で話すと声が低くなる。緊張を改善する5つのステップ

緊張すると声が低くなることで、仕事のプレゼンテーションや公の場でのスピーチ、面接など、さまざまな場面で問題となることがあります。

しかし、幸いにも、声のトーンや質を改善する方法は存在します。以下に、緊張を改善する5つのステップを紹介します。

 

1. 呼吸法の練習

声の高さと質を改善するためには、深い呼吸法を練習しましょう。

緊張すると浅い呼吸が増える傾向がありますが、深呼吸を行うことで、声の制御がしやすくなります。ゆっくりと吸い込み、ゆっくりと吐き出す練習を行いましょう。

 

2. リラクゼーションテクニック

緊張を和らげるために、リラクゼーションテクニックを取り入れてみてください。

瞑想や緊張を緩和するための深い筋肉の緩め方を学ぶことで、声のトーンを正常に保ちやすくなります。

 

3. 話す前の準備

話す前にしっかりと準備を行いましょう。スピーチやプレゼンテーションの内容を熟知し、自信を持つことが声の高さに繋がります。

練習やリハーサルを積むことで、自分の発言に自信を持てるようになります。

 

4. スピーチトレーニング

声のトレーニングを行うことで、声の高さを向上させることができます。

話し方レッスンやプロのスピーチコーチからアドバイスを受けることで、声をコントロールしやすくなります。

 

5. 場数を踏む(※要注意)

慣れてきましたら、人と話す経験を重ねることも大切です。練習は大切ですが、実際の状況で声を高く保つためには、人前で話すことが不可欠です。

段階的に難易度を上げて経験を積むことで、緊張に打ち勝ち、声を高く保つことができるようになります。

 

ただし、いきなり『場数を踏むこと』はおすすめできません。

人前での緊張がさらに悪化する可能性があります。

 

人前で話すときの極度の緊張を【根本的に改善】する方法については以下をご覧ください。

5分~60分程度で「あがり症」を改善!?人前での極度の緊張を【根本的に改善する方法】