バイト「土日入りたくない理由」うまい言い方4選!面接/勤務開始後

スポンサーリンク
AD

アルバイトの求人募集に応募する際に、

土日に入りたくない理由」はどのように伝えたら良いでしょう。

 

あるいは、

バイトの面接時に「土日に入れます!」と言ったものの、

思ったより大変とか、体力が続かない、自分の時間が取れないなどで

土日の勤務を減らしたいこともあるでしょう。

 

こんなときは、個人的な理由を伝えれば良いです。

 

学生であれば

「土日は学校の課題で忙しいため」

主婦であれば

「土日は家族の用事を優先したいため」などですね。

 

もちろん、個人的な理由だけ伝えるのではなく、

採用先(雇用主)にとってのメリットも

合わせて伝えることが大切です。

 

そこで今回は、バイトの面接時や勤務開始後に

雇用主や店長・シフトリーダーに対して、

「土日に入りたくない理由」をどのように伝えたら良いか

うまい言い方を例文でご紹介します。

 

プライベートを理由に伝えるのは印象が悪いのではないか?

採用に不利になるのでは?の疑問についてもお答えします。

 

スポンサーリンク

【例文】バイト「土日は休みたい」うまい言い方4選。好印象のアピール

飲食店やサービス業など年中無休の求人で、

面接時に必ず聞かれるのは「土日は入れますか?」ですよね。

 

あなたが土日は休みたいのでしたら、

「土日に入れない理由+平日勤務を希望する旨+勤務先のメリット」

この3点をセットで伝えましょう。

 

4つのパターンで例文をご紹介します。

 

土日に入りたくない理由:学生バイトの例

学生アルバイトでしたら、以下のように伝えれば良いです。

「週末は、学校の課題や復習にまとまった時間を取りたいため、土日の勤務は難しいです。
ただし、お盆や年末年始などの繁忙期には、できるだけシフトに入れるよう調整いたします。」

 

学生さんであれば、本音は「土日は友だちと遊びたい」だとしても、『学業を優先するため』を理由にするのがおすすめです。

(説得力が高く、雇用主としても無理を言いづらいため。)

 

土日に入りたくない理由:主婦パートの例(家庭を優先したい)

主婦のパートであれば、このように伝えると良いでしょう。

「週末は家族の用事が多いため、平日勤務を希望します。
平日のシフトには柔軟に対応できますので、その点はご安心ください。」

 

土日に入りたくない理由:子供の預け先がない人の例

土日は子供の預け先がなくて働けない人は、このように伝えると良いでしょう。

「夫も土日出勤があり子供を預ける事が出来ないため、基本的に土日の勤務は難しいです。
夫が休みの際は出勤可能ですので、週末の人手が足りない場合や急なシフトの穴埋めなど、対応できる日もあります。」

 

土日に入りたくない理由:土日バイトが思ったより大変だった場合

土日にバイトに入るつもりで求人に応募し勤務開始したものの、

「体力が持たない・土日は思ったより大変だった」などの理由で、土日のバイトを減らしたい場合は、以下のように伝えてみましょう。

「当初、土日どちらもバイトに入るつもりでご応募しましたが、実際に働いてみたところ思いのほか忙しく、体力が持たないことが分かりました。大変恐縮ですが、土日はどちらか1日のみに調整できないでしょうか。その分、平日のシフトを増やすことは可能です。」

 

質問の形を取り、自分の状況を正直に説明します。さらに、平日にシフトを移せることを提案すると、お互いに譲歩しやすくなるでしょう。

 

いずれもポイントは、

勤務先にとってのメリットをアピールすることです。

 

たとえば、

「お盆や年末年始などの繁忙期には、できるだけシフトに入れるよう調整いたします。」

「平日のシフトには柔軟に対応できますので、その点はご安心ください。」

「週末の人手が足りない場合や急なシフトの穴埋めなど、対応できる日もあります。」

「その分、平日のシフトを増やすことは可能です。」

などの部分ですね。

 

飲食店やサービス業など、シフト勤務の職場においては、

忙しい土日こそ人手が欲しいのが本音です。

 

しかし、シフトは土日だけが問題ではありません。

 

たとえば、もともとシフトに入ることが決まっていたバイトの人が、

体調不良などで、突然休んだり遅刻早退することってありますよね。

 

このとき、別のバイトが見つからずシフトに穴が開けば、

人手が足りず仕事が回らなくなって、お客様や取引先に迷惑を掛けてしまいます。

 

ですので、シフトに穴が発生した場合は、

店長などのシフトリーダーは、急きょ

代理で働ける人」を探さなくてはなりません。

 

この「急な状況でも代理でシフトに入れる人」というのも、

シフト勤務の職場においては重要な人材なのです。

 

主婦パート急な休みはどうする?急に休める仕事5選
主婦がパートに出る時に1番悩ましいのが、 子供の発熱や体調不良等で、急きょ お迎えに行かなければいけなくなることですよね。 急に欠勤や早退を取らせてもらえたり、 シフトを交代してくれる仕事ってあるのでしょうか。 安心してください。ありますよ...

 

同様に、お盆や年末年始、大型セールや、お祭り等のイベント時など、

「普段の週末より人手が必要な時期」だけでも臨時でシフトに入れる人も、

特に飲食店やサービス業では大変助かることです。

 

ですので、あなたが土日はバイトに入れないなら、

職場にとってのメリットは何なのか?を念頭に

自分が役立つ存在になれることを伝えるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

バイト面接で「土日入れます」の嘘はNG。むしろ正直に言うのが吉

先ほどもお伝えしたように、

飲食店やサービス業など、シフト勤務の職場においては、

忙しい土日こそ人手が欲しいため、

土日にバイトに入れる人を優先して採用します。

 

だからと言って、

バイトの面接時に「土日に入れます!」と

嘘をつくのは絶対にやめましょう。

 

アルバイトとして雇うかどうかを判断するにあたり、

どの曜日に働けるかは、雇用主にとって大事な判断材料です。

嘘はいけません。信頼関係が大事です。

 

土日に入りたくない場合は、正直に言うべきです。

後から迷惑をかける位なら、最初から

「平日のみ勤務希望」であることをハッキリと伝えましょう。

 

この場合、土日に入れない理由を

聞かれることもあるかと思いますが、

個人的な理由でかまいません。

 

むしろ、正直な理由を伝えるべきです。

 

面接時に個人的な理由を伝えるのは印象が悪い、

などの意見もあると思いますが、

あなたが応募するのは「アルバイト」ですよね?

 

バイトやパート、派遣社員などの「非正規雇用」は、

職場の裁量や状況次第で、いつ首を切られてもおかしくない、

非常に立場の弱い雇用形態です。

 

フルタイム正社員のような「正規雇用」の面接であれば、

プライベート重視などの発言は控えた方が得策ですが、

それだって『本音と建前』の世界です。

 

たかがバイトの仕事で、

自分のプライベートを犠牲に働く必要なんて全くありません。

 

それに、あなたがバイトの面接で、

個人的な理由を正直に伝えることで

あなたのプライベートを大切にしてくれる職場かどうか

見極めることだってできるのです。

 

たとえば、以下のような理由です。

  • 本業(学業・子育て・家業)を理由とする
  • 家族を理由とする(家族の世話等)
  • 習い事や趣味を理由とする

あなたがバイトより大切にしたいことや事情を正直に伝えて、

それでも雇ってくれるバイト先を見つけましょう。

 

また、そもそも土日に働きたくないなら、

平日のみ勤務できる仕事や、柔軟に働ける仕事を選ぶべきでしょう。

 

外で働けない人は在宅ワークも無理なんで「ブログを仕事」にしよう
今日は、外で働けない悩みを根本的に解決できる 『ブログの仕事』についてお話します。 そもそもですが、どうしてあなたは外で働けないのでしょう。 休日や勤務時間・場所など 自分の条件に合う求人がないのはもちろんですが、 外で働けない一番の理由は...

 

個人的な理由で休むことに対して難色を示すような職場は、

こちらから願い下げした方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

急に休めるバイト・長期休みが取れるバイトのおすすめは?

ここからは、さらに働き方の自由度の高いバイトとして

急な休みを取りやすいバイトや長期休みを取りやすいバイトをご紹介します。

 

代表的な仕事は以下の職種です。

  • コールセンター・テレアポ
  • 事務作業、データ入力
  • 仕分け、梱包、軽作業
  • ポスティング作業

 

共通するのは、下記のような特色がある事でしょう。

  • スタッフの人数が多い仕事
  • 作業内容が同じスタッフがある程度いて、替えがきく
  • 1日あたりのノルマが無く、週単位、月単位で仕事をこなせばよい

 

どの仕事でも、何も言わずに突然休むのはNGです。

無断欠勤は絶対にやめましょう。

職場に迷惑がかかります。

急きょ休みたいときは、事前に必ず欠勤の連絡をしましょう。

 

また、帰省などや、海外旅行などで

長期休みを取りたい場合、ありますよね。

 

まとまった休みを取れるバイトのおすすめとしては、

  • 繁忙期が決まっている仕事
  • イベントスタッフ
  • リゾートバイト

などが挙げられます。

自分の予定にあわせて、短期バイトを選ぶことをおすすめします。

 

年末年始のみの仕事や、海の家やスキー場、農作業など、

特定の季節のみ人手が必要な仕事であれば、

繁忙期以外の閑散期に、まとまった休みをとれますよ。

 

まとめ

アルバイトの面接を控えている方。

土日も働く事はできますか?

 

土日は友達が休みだから、休みを合わせて遊びたい。

学校が休みの日は彼氏、彼女とデートしたい。

主婦であれば、子供の学校・保育園が休みの日は一緒に過ごしたい。

 

理由は様々かと思いますが、

土日にバイトに入りたくない事、ありますよね。

 

例えば飲食店等の接客業は

人と対面でやり取りをする業務です。

お客さんが多い時間帯に、最も人手を欲していますので、

混雑しがちな土日にシフトに入れる人が重宝されがちですよね。

 

一般企業に勤めるサラリーマンは大抵が土日休みで

家族で外食、お出かけをする方が多いです。

ショッピングセンターのイベントなんかも大抵が土日。

土日に人が集まりやすいのは致し方ないでしょう。

 

では必ずしも土日にシフトに入れないと

アルバイトできないのでしょうか・・・?

そんな事はありません。

 

昨今はどこも人手不足な為、土日に限らず、

猫の手も借りたい状況の職場も多いのです。

 

急なシフトの穴埋めに代理で入れる、柔軟な働き方のできる人は、

バイトでも重宝されることが多いです。

 

働く側も希望をしっかりと伝え、

雇う側と働く側、お互いに歩み寄れる良いですよね。

 

土日に休みたい場合は、伝え方に気を付けて

面接時にしっかり伝えておきましょう。

 

ただし、嘘はNGです。

 

また、絶対に土日を休ませて欲しいと訴えるのではなく、

「土日のどちらかであれば出られます」、など

協力姿勢を見せる事も大事です。

 

もちろん、自分が休みたい時に休める職場であることも大事です。

あなたのプライベートを優先に、お互いにとって

メリットを感じられる職場を探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました