影のリーダー・真のリーダー【意味の違いと使い分け】陰の支配者

スポンサーリンク
AD

影のリーダーと真のリーダーには、どういった違いがあるでしょうか。

 

影のリーダーとは、

表向きは目立たない感じではありますが、

実はその人の存在にとても支えられている、そんな人ではないでしょうか。

 

目立たない所でフォローしたり、気を配ったりして支えてくれる、

縁の下の力持ち。そんなリーダーを指します。

 

真のリーダーとは、

いてくれるだけでなんだか心強い、

この人についていけば間違いない!というような

パワー溢れる存在感を放つリーダーです。

 

そこで今回は、

影のリーダーの言い換えに「影の支配者」と「縁の下の力持ち」2つの相反する概念がある理由や

真のリーダーと「カリスマ性」や「リーダーシップ」の違いについて紐解いていきます。

 

スポンサーリンク

影のリーダーの言い換えは「陰の支配者」「縁の下の力持ち」相反する2つの概念

影のリーダーの言い換えとしては、

縁の下の力持ち」や「陰の支配者」が挙げられます。

 

影のリーダーは、下で動く

ひとりひとりの動きを見守り、細かな所まで気を配る人です。

先回りして手助けしたり、助言してくれたり。

周りに耳を傾けて支えてくれるイメージです。

 

一見目立たない存在ですが、

実はこの人がいないと回らない、

陰で人のために努力するので、縁の下の力持ちです。

 

気配りができ、話をよく聞いてくれて、

共感力も高い為、信頼も厚く、意見が割れたとしても

うまく落としどころを提案し、全員を納得させられることでしょう。

 

物腰が柔らかく、比較的なんでも相談しやすいタイプのリーダーですが、

正すべきところはきちんと指摘してくれる、そんなメリハリも備わっている人です。

 

また、影のリーダーには、

陰の支配者」という側面もあるかと思います。

 

表向きは柔らかく、信頼があるからこそ、

実は全員がその人の思う通りに動いている。

なんてこと、ありますよね?

 

表には立たない存在だけれど、

実は裏で手を引いているような、そんな存在です。

 

このように、一見、

縁の下の力持ちと陰の支配者では

相反するタイプに感じますが、

 

影のリーダーは縁の下の力持ちであるが故に

結果的に、実質的な支配者になっている、とも考えられますね。

 

スポンサーリンク

 

真のリーダーは捨てられる人⁉カリスマ性やリーダーシップとの違いは?

真のリーダーとは、存在感と行動力があり、

全員を引っ張っていくパワー溢れる人のことを指します。

 

「これがやりたい!」という強い意志を掲げ、

その目的に共感してくれる仲間を集め

チーム全体を目標に向けて引っ張っていく、

そんな旗振り役のような存在です。

 

とにかく強い意志、明快な指針を示して全員を先導する力があります。

根拠のない自信や潔さも備えています。

 

時には、何かを捨てる選択を迫られる事もあるでしょう。

 

守る事や維持するための判断は簡単ですが、

切り捨てる判断はとても難しいもの。

 

そんな時、潔く捨てられる判断ができるリーダーは、

真のリーダーと言えるでしょう。

 

リーダーに向いてないのにやらされる…も読まれています。

リーダー向いてないのにやらされる…仕事や担当を外れたい時の伝え方
自分の性格は内向的だと思っていて、 とてもリーダーには向いていない、と思っている方でも なぜかリーダー役に選ばれてしまいがちな人がいます。 自分から名乗り出ていないのにもかかわらず、 なぜかリーダーに推薦されがち、って何なのでしょうか。 他...

 

カリスマ性があるリーダーとはどんなタイプ?

では、「カリスマ性があるリーダー」とはどんなタイプでしょうか。

 

自分が有能であることを示す人もいますが、

周りが尊敬してやまない実力を持っていて一目置かれる存在であり、

他者を魅了するような影響力の大きい人のことを指します。

 

カリスマ性を持ち合わせる場合、

リーダー自身が孤立しがちな可能性があります。

 

あまりに影響力が大きいと、

下につく人達は「リーダーについていきます!」というスタイルになりがちです。

仮に間違った方向に進んでも、誰も間違いを指摘してくれないでしょう。

周りにイエスマンしかいない独裁者になりうるのです。

 

カリスマ性を持っていたとしても、決して自惚れず、

自信過剰にならず、地に足のついたリーダーであって欲しいと思います。

 

リーダーシップのある人とはどんなタイプ?

最後に、「リーダーシップのある人」とはどんな人でしょうか。

 

組織の中で中心となり、他者を引っ張っていくことのできる素質をリーダーシップといいます。

指導力、統率力が備わっており、集団を目標まで導く能力がある人を指します。

 

決して目立つ存在である必要はないですが、人の心を汲み取る事ができ、

明るく楽しい、コミュニケーション能力の高い人は

リーダーシップを取れるタイプに多いように思います。

 

まとめ

ひとことにリーダーと言ってもタイプは様々。

リーダーシップがある人とは生まれ持った素質、と思われがちですが

経験や努力によって能力を高める事もできます。

理想のリーダー像に近づけるように努力したいですね。

タイトルとURLをコピーしました