QRコード注文がめんどくさい!スマホない・割り勘や個別会計は?

スポンサーリンク
AD

最近QRコードをスマホで読み取って、

そこから注文をするタイプの飲食店、

増えてきているような気がしませんか?

 

いちいち店員さんを呼び止めてなくてよかったり、

注文を口頭で伝えて聞き間違われたり、

といったことが無くなるメリットもあります。

 

店側も注文を聞くようの店員をおかなくてよくなるので、

人件費削減になりますよね。

 

とはいえ、

筆者も使ったことがありますが、

QRコードの注文はめんどくさい一面もあります。

 

スマホに注文画面を残しておかないといけなかったり、

電池残量を気にしなきゃいけなかったり…

しかも、スマホがなけりゃ使えませんよね。

 

そこで今日は、

スマホがないときのQRコード注文はどうすればいいのか、

割り勘や個別会計はできるのか、についてお話します。

 

スポンサーリンク

QRコード注文で、スマホない時や、スマホ持ってない人はどうなる?

スマホがは煩わしくて持っていない、持ち歩かないという人もいますよね。

筆者の知り合いにもいます。

また、スマホを忘れて出かけてしまうことも少なからずあるものです。

 

そんな人がQRコード注文のお店に行けば、

もちろん注文できませんよね?

 

では、QRコード注文の店で

スマホが無い・持っていない場合どうなるか、といえば、

店員が直接注文を取ることになります。

 

さすがにQRコード注文できないからといって、

お客様を門前払いする店は少ないです。

 

ただし、店側もQRコード注文が前提で動いていますから、

現金払いに対応してもらえないこともあります。

 

たとえば、野外のフリーマーケットや屋外の移動販売でしたら、

支払いはPayPayのみ、現金は不可というお店もあります。

 

会計がQRコード注文のみ対応かどうかは、

外から店を覗いたり、店員さんに聞いてみるなど

事前にお店の情報を調べればわかります

 

どうしてもQRコード注文が嫌な人は、

現金払いに対応しない店舗を避けるのも手ですが、

QRコードに限らず、クレジットカードや電子マネーなど、

今後キャッシュレス決済がますます増えていくのは間違いありません。

 

新しい技術や知識は試して慣れていくのが1番ですね。

 

スポンサーリンク

 

QRコード注文の飲食店・居酒屋で、割り勘や個別会計するには?

昔は、個別会計に対応してくれるお店はあまりありませんでしたが、

最近はほとんどのお店で対応してもらえます。

対応していない場合は、お店の方が

「個別会計はご遠慮ください」と張り紙をしていたりしますね。

 

QRコード注文の場合、個別会計は難しいようです。

 

どうしても会計を別々にしたい場合は、

お会計前に席で計算しておき、

全員からお金を徴収してQRコード注文した人が代表でお会計に行く。

といった対応を取ることになります。

 

もしくは、先に代表者が払って、

後から集金する形もあるでしょう。

 

想像してみると、個別会計がメジャーではなかった時代みたいな様子ですよね。

筆者が若い頃は、店を出てから、

いそいそお金を渡しあったりすること、確かにありました。

 

今は、事前に

このお店はどんなお会計方法が使えるのか、

注文方法は何か、など調べる方法がたくさんあります。

 

女子会や飲み会などで、割り勘が必要な場合には、

お店の支払い方法について、しっかり調べることです。

 

ただ、個別会計に対応可能か、のような細かな条件は

店舗HPには掲載されていないものです。

幹事が、お店に電話をして尋ねるのが一番確実です。

 

店側ができないと言っているものを、

レジ前でごねて対応してもらおうとするのは、

大人の対応ではなく、みっともないことです。

 

店員さんから「申し訳ありませんがQRコードでの個別決済は対応できません」と言われたら、

いさぎよくアナログな方法で集金しましょう。

 

恥ずかしい個別会計やあり得ない割り勘3選も読まれています。

個別会計うざい!混雑時や初デートで会計別々…恥ずかしい割り勘3選
個別会計がうざいと感じることありませんか? 混雑している飲食店のレジで、 「一人ずつ会計で」と言う非常識な団体客。 伝票を見ながら、これは俺のじゃない、誰が食べた?とか 他の待っている客に迷惑とか考えない非常識な人たち。 他にも、友人や上司...

 

まとめ

スマホを持っていない・忘れたなど、

QRコード注文が物理的にできない場合には、

店員さんが注文をとってくれるなどの方法で注文が可能な店もあります。

 

QRコード注文のシステムを作る会社も、

いざというときには直接注文が取れる体制を作っておくことを

お店側に勧めています。

 

しかし、QRコードでの支払いの関しては、

システム上、割り勘や個別会計には対応できないものもあるようです。

その場合は、古いやり方ですが、

支払いの代表が席で計算して徴収、

もしくはあとから集金するしかないでしょう。

 

今は調べれば、その店の注文方法や会計方法も事前にわかります。

ネットに情報がなければ、電話などで問い合わせることも可能でしょう。

大勢での割り勘が必要な場面なら、

調べておくことは必須ですよね。

 

お店側にも店をうまく回すための手段として、

QRコード注文を導入しているという事情があります。

 

めんどくさいから、わからないから、と言わず、

協力するようにしてあげてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました