気が重い…短所「人前で話すのが苦手」を長所に変えるコツと例文

スポンサーリンク
AD

就職や転職をするとき、必ずあるのが面接です。

パートやバイトの求人に応募する時も、

面接があることが多いですよね。

 

でも、人前で話すのが苦手な人にとっては、

この面接を受けること自体、気が重くなるものです。

 

まして、履歴書や面接で

どのように自己アピールしたら良いのか、

はぁ・・・とため息をついてしまうあなた。

 

実は、人前で話すのが苦手という

短所を長所に変えるには、

ちょっとしたコツがあります。

 

例えば、人前で話すのが苦手でも、

「たくさん経験して克服したいと思っています」

「笑顔ではっきり話すようにしています」など、

前向きに努力していることを付け加えるのがおすすめです。

 

短所を克服しようとしている頑張り屋さんと、

面接官に長所として捉えてもらえますよ。

 

ここでは、例文を交えて、

人前で話すのが苦手な短所を長所にするコツを紹介します。

 

また、人前で話すのが苦手な人だからこそできる仕事

についても考えていきます。

 

自分に向いている仕事を選ぶことで、

あなたの隠れた「才能と能力」を活かすことができますよ。

 

スポンサーリンク

【履歴書・面接】短所「人前で話すのが苦手」を長所に変えるコツと例文

就職活動やバイト求人に応募するとき、

履歴書を書いたり、面接を受けたりしますよね。

 

よくあるのが『自分の長所と短所』です。

 

履歴書に書いたり、面接で質問されたりしますが、

短所を「人前で話すのが苦手」にしてしまうと、

採用されないと思っていませんか?

 

しかし、「人前で話すのが苦手」なことは

真実なのですから、短所に書くしかないですよね。

 

実は、短所が「人前で話すのが苦手」だとしても、

前向きに克服しようとしていることを付け加えることで、

好印象に受け取られる場合があります。

 

例えば、以下のような伝え方です。

 

「人前で話すのが苦手ですが、たくさん場数を踏んで、得意になりたいと思っています」

面接時にこのように伝えると、一生懸命さが伝わります。

 

接客バイト経験のある方や、転職時の面接でしたら、以下のようなアピールもできますね。

 

「人前で話すのが苦手なので、笑顔ではっきり話すように心がけています。」

このようにアピールすれば、誠実に仕事に取り組む姿勢が評価されることでしょう。

(※もちろん、この例文を使う際は、面接時に「笑顔でハッキリ話すこと」が必要です。)

 

「人前で話すのが苦手」というのは、

大なり小なり、多くの人が感じていることなので、

恥ずかしがらずに短所と言っても共感が得られやすいです。

 

要は、人前で話すのが苦手でも

仕事をやり遂げたいという熱意を伝えることが大切なのです。

 

しかし・・・ですよ。

 

あなたは本当に、自分の短所を

克服したいと思っているのでしょうか?

 

どんなに苦手なことでも、

無理して踏ん張って頑張ってでも、

自分を変えなきゃいけないのでしょうか?

 

そんなことはないですよね。

 

短所は長所の裏返し、の言葉が表すように

人と話すことが苦手な人だからこそ、

得意な作業や優れた能力が必ずあるものです。

 

ここからは、人前で話すのが苦手な人だからこそできる仕事で、

自分の隠れた才能と能力を活かす方法、について考えていきます。

 

スポンサーリンク

 

人前で話すのが苦手な人だからこそできる仕事で、自分の「才能と能力」を活かす!

人と話すことが多い営業職やバイトでよくある接客業は、

お客様とのコミュニケーションが必須です。

 

なぜ、あなたは「人前で話すのが苦手」なのに、

接客業や飲食業、営業、総務など

「人と関わらなくてはならない仕事」に

応募しようとしているのでしょう。

 

なぜ、あなたはわざわざ、

苦手なことを強いられる職種を目指すのでしょう。

 

仕事だからと言って、

必ずしも、人と関わる必要はありません。

あなたが人前で話すのが苦手なら、

人前に出なくて済む仕事を選びましょう。

 

筆者も、初めましての人と次々と会う仕事に、

非常に大きなストレスを感じます。

苦痛というか苦行でしかなく、すぐ辞めてしまいました。

 

無理して自分を偽るのはよくありません。

本来の自分に向いていない仕事を、

長く続けるのは難しいのです。

 

人と接することが苦手でしたら、

『パソコンと向き合う仕事』がおすすめです。

 

たとえば、プログラマーやサイト制作は、

1人で静かに作業するのが仕事です。

家にパソコンがあれば、在宅ワークも可能です。

 

パソコンの仕事は、

特別なスキルが必要とは限りません。

データ入力やライターの仕事は、

初心者や未経験者も多く活躍しています。

 

外で働けない人は在宅ワークも無理なんで「ブログを仕事」にしよう
今日は、外で働けない悩みを根本的に解決できる 『ブログの仕事』についてお話します。 そもそもですが、どうしてあなたは外で働けないのでしょう。 休日や勤務時間・場所など 自分の条件に合う求人がないのはもちろんですが、 外で働けない一番の理由は...

 

とはいえ、パソコンを使う仕事は、

机に座って黙ってモクモクと

1人で集中して作業する必要があるため、

 

逆に、外で動き回りたい人や

誰か話したい人にとっては「きつい仕事」です。

 

また、人と話すことが苦手な人の中には、

時に「過集中」と呼ばれる

非常に強い集中力を発揮する能力を持つ人がいます。

 

この過集中の能力を持つ人は、

孤独に作業に没頭できる環境のもとで

閃きや創造性を発揮することができます。

 

それゆえ、接客業や飲食業、医療介護の仕事には

向いていないことが多いです。

 

多くの人と関わるサービス業では、

刻々と移り変わるお店や現場で

様々なお客様の様子を見ながら

柔軟な判断とスピーディーな対応が求められるため、

本来の能力を活かすことが叶わないからです。

 

電話対応や顧客対応に追われること無く

1人で作業に没頭することを許される

「孤独な仕事」の方が、居心地がよく

のびのび活躍できる人もいるのです。

 

このように、

自分では短所と思っていることも

他人から見れば優れた能力や資質になり得るのです。

 

スポンサーリンク

 

他にも、

工場の作業員や新聞配達員、

清掃作業者、警備員なども

人前に出なくて済む仕事です。

 

電気やガスの検針員、

自販機のドリンク補充スタッフも、

人と話すことがなくできる仕事です。

 

このように、人前で話すことが苦手でも、

あなたにできる仕事はたくさんあります。

自分に合った仕事を選ぶ目線を忘れないでください。

 

まとめ

人前で話すのが苦手でも、

前向きさを付け加えれば

長所として受け取ってもらえます。

 

なりたい職業ややりたい職種がある人は、

人前で話すのが苦手でも

克服する努力をアピールしていきましょう。

 

しかし、無理して苦手なことを克服しなくても、

仕事はできますよ。

 

パソコンに向き合う仕事のように

人前に出なくて済む仕事もたくさんあります。

自分に合った仕事を選ぶとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました