郵便の宛名カタカナでも届く?漢字がわからない・本名を隠したい

スポンサーリンク
AD

郵送物などでやりとりする相手に、自分の本名を教えたくない時、

名前の漢字を教えずにやりとりすることはできるでしょうか?

 

答えは、可能です。

 

郵便物は、住所と宛名が特定できれば、

名前をひらがなやカタカナにしても届くのだそうです。

 

今回は、正確な宛名でなくても郵送物は届くのか?

ペンネームなど本名を隠して郵送物を届ける方法

についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

郵便の宛名 漢字がわからない。カタカナや苗字だけでも届く?

先ほどは、「名前を相手に知られたくない」

という場面についてお話ししましたが、

逆に「相手の正確な名前がわからない」

という場面もあるかと思います。

 

実際のところ、郵便物の宛名は

正確な表記でなくとも

ひらがな、カタカナ、ローマ字などにしても届きます。

 

英語やローマ字など、

郵便配達員さんが読める言語で、

住所と名前を特定できれば届けてもらえるのだそうです。

 

思い返してみれば、筆者が子供のころ、

海外の子と文通をしたことがありました。

エアメールは名前も住所もローマ字で

書かれていましたが、無事に届けられていました。

 

時々、名前や住所の番地が少し違っていても、

宛先不明にならずに、うまくポストに届けられている郵便物もありますよね。

 

なんとか郵便物を届けてくれようと頑張ってくださっている、

郵便配達員さんには感謝しかありません。

 

郵便を本名以外で届ける方法。『転居届』でペンネームを届け出る

続いては、個人でお仕事されているような方には、

特に気になるであろう話です。

 

ペンネームのような本名以外の名前で、

郵便物を届けてもらうことは可能なのでしょうか?

 

こちらも、実は可能なのです!

 

引越しの際に、「転居届」を出されたことはある方もいるでしょう。

その転居届の、

・転居者氏名欄にペンネーム

・新住所の欄に住所

・転居届提出者欄に本名 を記載することで、

ペンネームでも郵便物を届けてもらうことができるのです。

 

詳しいやり方は、こちらの記事を読んでみてください。

ニックネームや個人事業主の屋号で郵便物を受け取る方法『転居届』
ニックネームや屋号で 郵便物を受け取ることはできるのでしょうか。 結論から言うと、受け取れます。 郵便局に置いてある『転居届』で手続きできますよ。 ただし、注意点がいくつかあります。 以下、ニックネームや個人事業主の屋号で 郵便物を受け取り...

 

郵便局には、「配達原簿」というものがあります。

これは、各住所に住んでいる人の名前などの情報が載せられています。

そして、その帳簿を使い、

郵便物をその住所に届けてもいいかを確認しているのです。

 

ですから、この「配達原簿」に

ペンネームを記載してもらえるよう転居届を出すことで、

宛先をペンネームにしても郵便物を届けてもらえるのです。

 

ただし、いくらペンネームで届けてもらえるとはいえ、

ふざけた名前や非常識な名前は避けるべきでしょう。

 

ネットオークションやメルカリなどを利用する方も、

こちらの方法は使えるかもしれません。

 

他人に名前や住所を渡すことは、

今の世の中ではあまり安全とはいえないことです。

自衛の手段として、ぜひ覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

 

1点注意することがあります。

 

郵便物に関しては、

明らかに他人っぽい名前であったりすると、

郵便配達員さんより、

「こちらのお家にお住まいの方で間違いございませんか?」

という確認が入ります。

 

自分がペンネームを使っていることを知らない家族が、うっかり受け取って、

「そんな人いません。」

と言われてしまうと、

郵便物は差出人に返送されてしまう可能性があります。

 

家族に秘密の名前、なんてものは、

使わない方がいいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、ひらがな、カタカナ、またはペンネームなど、

本名以外の名前で郵便物は届くのか、

ということについてお話しました。

 

ひらがなやカタカナなど、

本来の表記以外でも、

配達郵便員さんに読めれば、

郵便物は届けてもらえます。

 

また、転居届を利用することで、

ペンネームでも郵便物を届けてもらえることもわかりました。

 

郵便物の本名を隠すことは、時に『自衛』にもなります。

 

最近は物騒な世の中になってきて、

名前と顔が一致するだけで身バレする(個人が特定される)、

とまで言われています。

 

職業をうまく利用して犯罪を働く人、

ネットオークションなどでやりとりした情報を元に犯罪を働く人、

信用できない場面も少なくありません。

 

色々と物騒な世の中です。

いろいろと気をつけすぎるぐらいでもいいのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました